新規受託項目のお知らせ

株式会社サンリツセルコバ検査センター

2020年1月

先生各位

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
このたび下記検査項目の受託を開始いたしますので、ご利用いただきたく
ご案内申し上げます。

謹白

■新規受託項目:

尿中ベンスジョーンズ蛋白 (定性試験)  [項目コード:5263]

■新規受託開始日:

2020年1月27日(月)受付分より

以上

※裏面をご覧下さい。

●ベンスジョーンズ蛋白(定性試験)
尿中のベンスジョーンズ蛋白が検出される場合は、形質細胞やリンパ球様細胞などのB細胞の造血系悪性腫瘍が考えられます。
特に、多発性骨髄腫、原発性マクログロブリン血症、また、良性疾患では原発性アミロイドーシスなどで検出される特殊な蛋白で、この蛋白の検出は診断にも有意義な検査となります。

 

■検査概要:

項目コード 5263
検査項目 尿中ベンスジョーンズ蛋白(定性試験)
必要検体・検体量 尿 2.0ml
保存条件 冷蔵
報告日数 1~3日
測定方法 Putnum法
基準値 (-)
検査料金 3,000円(税別)

【検出される疾患】
多発性骨髄腫、原発性マクログロブリン血症、B細胞型慢性リンパ性白血病、原発性アミロイド―シス、その他のリンパ腫瘍性疾患

*尿の保存条件により、偽陰性または偽陽性を示すことがあるので、できるだけ新鮮尿をご提出ください。保管は必ず冷蔵保存でお願いします(凍結は厳禁です)。